Blog ブロク

育てていただく 嬉しさ

差し入れを お持ちくださる お客様が当店は 本当に多い。

 

季節柄、毎回来るたび、良い物が手に入ったと、お土産でと お持ちくださり

中には 差し入れだけを 届けていただくこともあります。

 

私たちには 到底手に入らない 高級品ばかりです。

及び 貨幣価値では表せない 手作りの差し入れや 心づかいの美味しい物ばかり・・・

 

秋の味覚の一つ『天津甘栗』がある。

あの香ばしい香り、爪を立てて鬼皮をむき 丹念に手間をかけ

火が通ったと思われる 艶のある栗を取り出し 口に放り込む、

噛むと すでに口の中に広がっていた 唾液とまじりあい 口の中に『美味い!』と云う

感覚だけに 体がつつむまれる・・・

 

火の良く通った食材は 精神の癒しになる。 なんんと倖せなことだろう・・・

アナログの 素晴らしさが ここにある(合掌)!

 

(今年の栗は出来がいいと、作り手のお墨付きです)

浅草 雷門 027ひたすらに

本物の甘栗の鬼皮をむき

口に入れては、皮をむき

我を忘れて 3つほど口に入れた・・・美味い!

 

ヘアースタイリストは、カット技術をお客様に育てていただくが、

味覚も育てていただくとは 此れ如何に 感謝感激である。

 

毒舌オーナー

ページトップへ